EGF化粧品成分と年齢

  • HOME
  • EGF化粧品成分と年齢

EGF化粧品成分は年齢肌になぜおすすめなの?

photo2
EGFって?

EGFはアメリカのスタンレー・コーエン博士が発見した53個ものアミノ酸で形成されているたんぱく質の一種で、1986年にはノーベル医学生理学賞を受賞されているほどの画期的な成分です。

EGFは本来、誰の体の中にも当たり前にあるたんぱく質なのですが年齢とともにどんどんその分泌量は低下し、40代ともなるとピーク時の約3分の1程度にまで減少すると言われています。

肌の劣化との関係

EGFが減少することでお肌の新陳代謝や肌細胞の再生能力が衰えていってしまうため、くすみや乾燥、シワ、シミなどと言った老化による肌トラブルが起こってしまいます。よく「25歳はお肌の曲がり角」と言われますが、実はこれEGFの分泌量と大きく関係しているのですね。

というのもEGFの減少が始まるのが25歳を過ぎたころ。子どもや若者の肌の代謝サイクル(ターンオーバー)の周期が28日なのに対して25歳を過ぎたころから正常である28日を超え、40代にもなると40日以上もかかってしまうのです。

ただ25歳ごろからEGFの減少が始まるとはいっても本格的な肌力の衰えを感じるのは30代を過ぎてから。

EGF化粧品が真に必要な年齢とは?

つまりEGFはが本当に必要になってくるのは30代以降ということになるのです。またEGFには細胞内で飽和状態になるとそれ以上受け入れなくなる「自動調節機能」の働きがあるので一定以上の量は吸収されないと言う特徴を持っています。

20代の方がEGFの化粧品を使ってもそれほど変化を感じないと言う方が多いのもそのためで、細胞内のEGF量がそれほど低下していないからなのですね。

EGFは肌細胞を活性化させるとともにターンオーバーを正常に戻してくれ、肌本来の力を取り戻す成分。年齢肌に悩む方全てにとっての強い味方だと言えるでしょう。

EGFの配合濃度もその他グロスファクタ成分も豊富な頼れる原液
リルジュ

EGF・FGF・IGF・Rejulineといった年齢とともに減ってしまうグロースファクター体内成分をリポソーム化。ぐんぐんお肌に浸透し潤いUPしてくれるリルジュリカバリィエッセンスは7日間トライアルでも実感できると評判です!