EGF化粧品は医療現場発

  • HOME
  • EGF化粧品は医療現場発

EGF化粧品は医療現場発って本当?

photo2
1g8,000万円?!

EGFは今や美容業界にとってなくてはならない成分になっていますが、じつはもともと医療分野において研究・活用されてきたものなのですね。

中でもやけどにおける皮膚再生治療においては画期的な成分で、発見された当時では1グラム8千万円以上とも言われる高値でもあったにもかかわらずその効果の高さに世界中の医療機関が積極的に取り入れていたと言われています。

子どもの頃ってケガをしても治りが早かったのですが、歳をとると傷跡が残ったり、治りが悪かったりしますよね。これもEGFの減少による影響が大きく、EGFを補ってあげることによって傷の治りが早くなると言う効果もあるのです。

副作用の心配がないのがメリット

またEGFは人が自然に持っているたんぱく質のひとつなので身体に取り入れても副作用の心配がないと言うメリットがあります。

その他にもEGFには「自動調節機能」の働きが備わっていて、細胞内のEGFの量がいっぱいの状態(飽和状態)になるとそれ以上吸収できないようになっています。

つまりたとえ間違ってEGFを大量に投与したとしても一定以上の量は受け入れることができないのです。ですから過剰に蓄積されることもなく、お肌にとっても安心して利用することができるのですね。

今現在、美容界だけでなく医療の現場、特に皮膚再生治療においてEGFは欠かせない成分となっています。今後医療の発展においてもEGFの占める役割はますます大きくなり最先端治療としてのその重要性がさらに増してくるのは間違いないと言えるでしょう。

すぐにいつものお手入れに取り入れられるEGF美容液
チューイングコス

いつものスキンケアにプラスできるチューイングコスメのエッセンスの中でも特に人気のEGF(ヒトオリゴペプチド‐1)。洗顔後すぐのスペシャルケアとしてパッティングしたり化粧水後にプラスしてハリと弾力を助けふっくらみずみずしい肌に。