EGF化粧品の良い成分

  • HOME
  • EGF化粧品、どんな成分がどういいの?

EGF化粧品、どんな成分がどういいの?

EGFがアンチエイジングに効果があり肌の機能を回復させる働きがあることはよく知られていますがでは具体的にどの成分が、どのように働くことで肌に良い結果をもたらしているのでしょうか?

ここではEGFの仕組み、メカニズムについてお話したいと思います。

EGFの仕組み

EGFはアメリカのスタンレー・コーエン博士によって発見された53個ものアミノ酸で構成されたたんぱく質の1種。

正式名称は「上皮細胞増殖因子または表皮成長因子」とも言い1986年にはノーベル賞をも受賞した画期的な成分です。

EGFの一番の働きは人が本来持っている細胞を再生させると言うこと。 メカニズムとしては肌を構成している「角化細胞」と「繊維芽細胞」の受容体にくっつき、その受容体と結びつくことで「新しい細胞を作れ!」「傷ついた細胞を修復しろ!」と言ったEGFの情報が細胞核に伝達されます。

すると情報を受けた細胞は新しい細胞の生産や修復を急速に行い、結果皮膚の再生の力が向上しターンオーバーの正常化や肌本来の力を取り戻していくのです。

臨床試験に置いてデータで照明されています

再生能力の効果としてはキチンとデーターでも示されていて、アメリカが行った臨床試験においては60日間EGFを塗布した肌と、塗布していない肌とを比べた場合、細胞の数が平均で288%、最大では872%も上昇したという結果からみてもかなり優れていることが分かりますね。

EGFは皮膚再生医療から生まれた、細胞から若返られてくれる究極の美肌成分。年齢からくる全ての悩みに対応できる最高のアンチエイジング成分だと言えるでしょう。

EGF配合化粧品おすすめ
リルジュ

EGF・FGF・IGF・Rejulineといった年齢とともに減ってしまうグロースファクター体内成分をリポソーム化。ぐんぐんお肌に浸透し潤いUPしてくれるリルジュリカバリィエッセンスは7日間トライアルでも実感できると評判です!